愚写楽楽亭

アクセスカウンタ

zoom RSS GW.神様孝行U(太平山編)

<<   作成日時 : 2011/05/08 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

恒例となったGWハイキングin太平山だ。神様と連れ立って一汗かきに行く。
例年は電車で新大平下駅まで行くのだが、今年は車で行って栃木駅前に留めてバスで国学院側から登る。
帰りは、大平下駅まで下りて電車で栃木駅までくれば終了。
家から往復の移動は楽だし、荷物を背負って歩く距離も短い。

駐車場が空いてないとすべての計画が失敗するので、いつもより30分早く出発した。
9時30分ごろには栃木駅前に到着して、有料駐車場に車を入れる。

栃木駅は、市街地から南にずれていて、駅前は閑散としている。ただ電車が付くたびに蔵の街栃木の街歩き人たちが中心街へ向かって行く。駅舎にも蔵の街並みの絵が描かれている。
市内を巡回するレトロなバスも運行している。
画像


駅前から国学院までバスで15分。そこからまっすぐに太平山神社に向かう。連祥院六角堂を過ぎて、アジサイ坂の長い階段を登る。
画像

画像


階段を登るのに飽きてくると、随身門が見えてくる。もう少しで神社だ。
画像


何か動物が書かれているようだが、何が書いてあるのか勉強不足でわからん。
今回は珍しく神様は弱音を吐いている。昨年は私が参って参って神様に励まされたのに…。
今年はウエイトを昨年より8キロぐらい落としたから、体が軽いのだ。

太平山神社で休憩。水分を補給して神社にお参りして、神社の脇から登山道を登り始める。
画像

画像

本殿脇には大黒様と恵比寿様が鎮座。

登山道の途中では、栃木の街並みが見える。バス終点の国学院も遥か下だ。
画像


さらに登ると尾根に出て、尾根伝いにアップダウンを繰り返しながら晃石山を目指す。途中ところどころで木が切れて下界が見える。
画像


いつものコース。迷うことない安心のコースだ。神社から歩き始めて1時間程度で晃石神社へ到着。
ここでお昼にした。今日のメニューは、お湯を沸かしてカップヌードルとおにぎりだ。味は同じだが、気分は最高。やはり外で食べる飯は旨い。
神様も同意いただいた。よかったぁ…。
画像


疲れを取りつつ、腹がくちたところで、歩きを再開する。いつもであればここから下山して清水寺に出るコースだが、今日は先の桜峠に向かう。さらにできればそのまま岩舟駅まで足を延ばしたい。

こちらのコースは結構急なところが多く歩きづらいのだが、広葉樹が多く明るい道が続く。
画像


桜峠に出たところで、神様が泣きを入れる。神様の威光は絶対なので、その先は次回に持ち越すこととして、そこから下山する。結局清水寺に出るのだが…。境内には仏足が描かれた石碑があった。
画像


そのあとが失敗だった。清水寺からは大平下駅までは遠くないのに、いつも同じ道ではつまらないので、わざと岩舟駅まで歩いた。神様をだまして、遠回りをしたのだ。
いつまでたっても駅に着かないので、遠回りしていることがばれて、神様がお怒りになった。
「疲れた」を連発。なだめすかして、やっと駅までたどり着いた。もう少し距離があったら、今頃私は太平山の土に帰っていただろう。よかったよかった…。

岩舟駅から電車で栃木駅まで出て帰路についた。
車なので帰りは楽だった。神様も気持ちが良いくらいに寝ていた…。

これで今年のGW神様孝行は終了だ。明日からは私一人でバイクでツーリングキャンプだ。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GW.神様孝行U(太平山編) 愚写楽楽亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる